ヨーガ・スートラ1-43

【無尋定】

[1-43] 定の心境がさらに深まって、分別知の記憶要素が消えてしまうと、意識の自体がなくなってしまったかのようで、客体だけがひとり現れている。これが無尋定である(3-3参照)。

Once all previous impressions (smriti) have been purged and one's own nature is clearly perceptible, then only the object of contemplation emanates light. This is nirvitarka samapatti. ||43||

 

<解説>無尋定(nirvitarka-samapatti=サビタルカサマーパッティ)はいちばん初歩的な段階の定で、心のあらいはたらきが残っている。このことをいまの経文では、語と対象と観念とを区別する分別知が混じているもの、と定義したのである。分別知(vikalpa=ヴィカルパ)についてはすでに経文1-9が定義を下しているが、ここでは、一つの事柄について、それを表現する語と、その語によって示される客体と、それの観念とを区別する知識であると定義されている。真知は語、客体、観念の三者の未分の上に成り立つ無分別知でなければならない。区別される三者のどれもが実体を対象としない言語上の知にすぎない。次の無尋定の定義と比較すればわかるように、有尋定は未だ主客の対立を存する定心の段階なのである。この定義は仏教の分別知の定義にやや近い。1-17参照。